« スマートになるご飯。 | Top | 正直者の耳は猫の耳。 »


よほどの大物でなければ、手に余るでしょう。


BRAVO2.0のセレクト


楽天で発見
ガジェットの小型化が進むにつれ、沸き上がる疑問がひとつ。日本人は次第にすらりと手足が長く、背も高く、つまりは大きくなっているのではなかったでしょうか。ならばその手に持つべきもののサイズも合わせて大きくなるべきなのではないでしょうか。
どれほど技術が進みコンパクトなマウスが作れるようになったとしても、ユーザーの手が小さくならない以上、小さくて使い難くなってしまうことは避けられないのですから。
世の中の流れに辟易した反動で、無駄に大きなものに惹かれてしまう方。手に余る巨大マウスはいかがでしょう。
人一倍大きな手をお持ちの方にもお勧めします。
スーパージャンボマウス 巨大マウス

Categories: 家電3

idea the design


What?
 「アイデア研究室の玩具箱」は不思議な発想から生まれる数々の発明品をしまいこむ、研究室に置き忘れられた玩具箱です。
designed by Bluedeps
TOP Information Contact RSS はてなブックマークに追加する はてなアンテナに追加 Yahoo!ブックマークに登録
more
idea
Something good
つぶされたエコガラス


bricbloc

 クラッシュドカップのグラスタイプが登場しました。陶器ではなくリサイクルガラスを用いることによって、透明な使い捨てコップであるビニールコップそっくりに仕上がっています。グシャリと潰され捨てられてしまうところを捉えた、エコを訴えるデザインです。
Crushed Glass (クラッシュド グラス )Rob Brandt (ロブ ブラント)